電子マネーを利用したいのなら使えるお店や発行手数料を確認してから申し込もう

よくいくお店で使えるものを

電子マネー

電子マネーを使いたいと考えたのなら、どのお店で利用するのか、ハッキリとさせなければいけません。それは、すべてのお店ですべての電子マネーが使えるわけではなく、お店によって利用できる電子マネーが異なるからです。そのため、電子マネーを導入して、いざ使おうと思ったら対応していなく、結局現金で支払うことになりかねません。現在、よく訪れているお店があるのなら、店頭でどのような電子マネーが使えるのかチェックしてみるとよいでしょう。

適切なチャージをしよう

クレジットカード

電子マネーの多くは、お金をチャージして利用することになりますが、一度入れてしまうと引きだせません。そのため、利用を考えるのなら、どのくらいチャージすれば、便利に使えるのかを考えましょう。導入したばかりでは適切な金額が分かりづらいので、まずは少なめの金額をチャージして、足りなかったときはあらたに追加しましょう。何ヶ月か電子マネーを使っていけば、コツが分かるので、どのくらいの金額が適当なのか把握できるはずです。

複数のものを併用すると便利

電子マネー

電子マネーを所有できるのは、1種類だけではないため、複数のものを併用することができます。現在ならば、2種類から3種類ほど持っておけば、多くのお店に対応できるので、使い勝手がよいものを複数選んで申し込んでみましょう。もしも、電子マネーを選ぶのが難しいなら、発行枚数や普及率を調べることをおすすめします。それらの上位にある電子マネーならば、利用できるお店が多いという証拠なので、発行してもらえば便利に支払いが行えます。

無料で発行してもらう方法を調べよう

電子マネー

電子マネーはたいていはカードタイプで提供されているので、使いたいのなら、申し込んで発行してもらわなければいけません。申し込むときはカード代や手続き費用として、電子マネーの発行料を取られる場合が多いです。しかし、有名な電子マネーなら、無料でカードを発行できる方法が用意されている場合があるので探してみましょう。公式サイトに記載されていることもありますし、個人のホームページで紹介されていることもあります。簡単な方法で数百円も節約できるので、損をしたくないのなら、無料で発行してもらう方法を利用しましょう。なお、発行してもらったカードをなくしてしまうと、再発行してもらえないケースもあります。そのため、カードを手に入れたのなら、現金と同じようにしっかりと管理をして、なくさないように注意をしましょう。もしものときを考えるなら、あまり多くの金額をチャージしないのも、賢い選択だといえます。

広告募集中